採用情報

教育体制

採用情報 > 教育体制 > 新人教育

新人教育

新入職員教育

みんなで育てる教育体制のもの、まず仕事する環境になれる所からはじまり、教育プログラムに沿って、教育・研修を行います。初めは接遇マナーの勉強から、現場でのマンツーマン指導、修得した技術のチェックなど、少しずつ育てていき、不安なく仕事をしていけるよう先輩スタッフの他、職種関係なくすべての職員で応援します
 

新入職員がオリエンテーションで受ける研修項目

・組織とは
・社会人としての基本(接遇マナー)

  1. あいさつ
  2. 身だしなみ
  3. 言葉遣い
  4. 態度
  5. 学ぶ姿勢
  6. 報告・連絡・相談

・医療安全

  1. インシデント
  2. アクシデント
  3. リスクマネジメント

・感染について
・5Sについて
 


 

スケジュール

4月 オリエンテーション
新入職員集合研修を行います。技術の確認、倫理などを学びます。
5月 入社1ヶ月
不安に思っていることを表出できるよう、ディスカッションを行います。
7月 入社3ヶ月
職場にも慣れてきた頃。イメージと現実のギャップを感じ、悩みも出てくる時期です。その悩みを解決・解消するためにディスカッションを行います。
9月 入社半年程度
そろそろチームリーダーを経験し、夜勤の準備が始まる時期です。新入職員同士で現況報告し、今後の課題を見出し、業務に役立てます。

この他に、働きやすい環境づくりの一環として、3ヶ月に1度、新入職員と教育委員会が集まり、ディスカッションが行われます。
日々の業務に役立つ情報交換など話し合いを持つことにより、入職者同士の絆も深まり、チームワークの強化につながります。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加